協力雇用主の登録を呼び掛けるパンフレット。幅広い職種が求められている
リンゴの木にいるフクロウを見上げる青柳小の児童たち

 刑務所を仮出所した保護観察対象者らを積極的に雇用し、立ち直りを支援する民間の「協力雇用主」の数が青森県内でも増えている。支援体制が整備されてきたことや、企業の人手不足が増加の要因。ただ、職種が建設業など一部に偏り、対象者と希望職種とのミスマッチも散見、実際に就職した数はまだ多くない。関係機関などは企業への啓発を通して職種拡大などに努める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)