19日の県内は、大気が不安定な状態になった影響で前日に続き、全域で断続的な雨に見舞われた。一部地域では冠水や土砂崩れが発生、イベントの中止も相次いだ。青森地方気象台によると、同日朝までに24時間降水量で5月の観測史上最大を記録したのは、十和田市休屋125.0ミリ、新郷村戸来120.0ミリ、今別105.5ミリなど6地点。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)