学生や市民が地震災害に理解を深めたシンポジウム

 日本海中部地震から35年、十勝沖地震から50年という節目に合わせ、弘前大学理工学部は18日、同大で地震災害軽減に関するシンポジウムを開いた。地球環境防災学科の教授らが専門的な知見を披露し、集まった学生や市民ら約90人と共有した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)