東通原発の審査会合で説明する東北電力の藤原・土木建築部長(左)ら=18日、東京都内

 原子力規制委員会は18日、東京都内で開いた東北電力東通原発の審査会合で、海水熱交換器建屋など重要施設の下を通る「f−1」断層について「将来、活動する可能性のある断層(活断層)に該当しない」とした東北電の主張を了承した。これにより、重要施設の直下にある断層についての審査をクリアしたことになり、再稼働へ向けて一歩前進した形だ。今後は、敷地内にあるほかの断層についての審議に焦点が移る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)