軽妙な語り口で会場を沸かせた三平さん

 本年度の八戸市民大学講座が16日、市公会堂で始まった。初回はテレビ番組「笑点」でおなじみの落語家林家三平さん(47)が「笑いと健康」と題して講演。「落語は身近な人を思い浮かべて楽しむもの。想像力を豊かに、笑って元気に」と軽妙な語り口で呼び掛け、会場を訪れた約730人の市民を笑いの渦に巻き込んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)