海上保安庁の巡視船「さわかぜ」などが出て消火活動に当たった八甲田丸の火災現場

 9日午後0時20分ごろ、青森市柳川1丁目の文化施設「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」の右舷後方の外周にある「防舷材」と呼ばれる木製の緩衝材約10平方メートルを焼く火事があった。青森消防本部と青森海上保安部によると、消防車など9台と海上保安庁の巡視船「さわかぜ」が出動し、約1時間後に鎮火した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から