土蔵の壁を漆喰で丁寧に塗っていくボランティアの参加者

 明治期に建てられた青森県大鰐町の温泉旅館「ヤマニ仙遊館」の土蔵が、今年夏にレストラン・カフェバーに生まれ変わる。国登録有形文化財の土蔵を活用し、温泉街の振興を図る。同館関係者とボランティアが、建物の再生に胸を膨らませて土蔵内の改装に励んでいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)