子ども食堂の普及・継続へ向け意見交換する「プロジェクト」のメンバー。中央奥が佐藤教授

 地域の子どもや高齢者らに無料または低料金の食事と居場所を提供し、孤立を防ぐ「子ども食堂」。青森県八戸市内の運営団体などでつくる「子ども食堂推進プロジェクト」(代表・佐藤千恵子八戸学院大短期大学部教授)が食堂の普及に力を注いでいる。同市では4カ所で開かれており、さらに複数の社会福祉法人が開設を検討中。同プロジェクトは開設者と開設希望者が情報を共有することで食堂の増加を後押しする考えだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)