第2回インフラメンテナンス大賞の国交大臣賞を受けた青森県は、現在行われている県庁舎の長寿命化に向けた取り組みも評価された

 政府は16日、道路や公共施設などの維持管理に関する優れた施策と技術開発を表彰する「第2回インフラメンテナンス大賞」に32団体を選んだ。このうち青森県は、県有施設の売却・集約による保有総量縮小や、効率的利用、長寿命化推進の取り組みが評価され、国土交通省案件では最高賞となる国土交通大臣賞を受賞した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)