十勝沖地震で亡くなった剣吉中生徒を悼み、花を手向ける名川中の生徒たち

 50年前の十勝沖地震で犠牲となった旧名川町剣吉中学校生徒を悼もうと、名川中学校(小林孝史校長)は16日、青森県南部町内で慰霊祭を行った。参加者は冥福を祈り、日々の安全安心な暮らしをあらためて願った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)