プロ野球の楽天−ソフトバンク戦の試合中の大型ビジョンには青池など深浦町の魅力をPRする映像が流された
始球式を務める深浦町の吉田満町長=15日、仙台市の楽天生命パーク宮城

 青森県深浦町は15日、仙台市の楽天生命パーク宮城(宮城球場)で開催されたプロ野球公式戦「東北楽天ゴールデンイーグルス−福岡ソフトバンクホークス」に冠協賛し、大型ビジョンで「白神山地とマグロの町」をアピールするなど町の魅力を発信した。仙台圏在住の町出身者ら200人も無料招待され、球場全体が“深浦一色”に染まった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)