東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社社長)は、文化活動の底辺拡大と活性化の一環で創設した「こどもの文化事業助成制度」の2018年度分として、11事業に助成金を贈ることを決めた。

 同制度は子供たちの豊かな感性や創造性を育み、健やかな成長につながる文化的活動の支援を目的としている。

 助成額は1事業10万円程度または5万円。詳細は同財団ホームページで見ることができる。

 助成先は次の通り。

 ▽青森おもちゃ病院=青森おもちゃ病院定期開催(ボランティアによる無料修理)▽むつ・下北地区読書推進協議会=平成30年度第42回むつ・下北地区読書感想文コンクール▽特定非営利法人おどろ木ネットワーク=おどろ木アート広場2018(ものづくり・里山の自然体験)▽花柳流葉昌栄会=平成30年度伝統文化親子教室(日本舞踊・八戸小唄流し)▽青森県合唱連盟=作曲家なかにしあかね氏によるレッスン及び演奏(県合唱連盟60周年・第60回県合唱祭)▽青森中央学院大学=グローバル食堂inしんまち(子供たちに留学生の母国料理を紹介)▽篠田町会ねぶた実行委員会=篠田町会ねぶた(昭和27年開始・実行委による39回地域運行)▽特定非営利法人青森じゃわめぎ隊=第6回あおもりじゃわめぐ音の会(子どもたちへの文化活動支援)▽弘前バッハアンサンブル=弘前バッハアンサンブル定期演奏会(近隣の小・中・高校生への長年の無料招待活動)▽八戸ダンスプロジェクト実行委員会=第15回八戸ダンスプロジェクトDANCE×DANCE×DANCE(小・中・高校生への指導・発表)▽青森西いけばな親子教室実行委員会=第2回いけばな親子教室合同発表会(青森中央・西・東地域で活動)