青森県は7日夜、上十三保健所管内の40代会社員男性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者は40代女性看護師と同居する夫。女性看護師は感染症指定医療機関である十和田市立中央病院に勤め、4月28日に陽性が確認されていた。県は妻からの感染とみており、封じ込めは可能としている。県内は7日に休業要請や外出自粛要請が解除されたばかりだが、有賀玲子健康福祉部長は「経路を追えない市中感染ではなく、今の対応を変える必要はない」と述べた。県内の感染確認は27人目。

 男性は女性看護師の濃厚接触者として10代の子ども2人とPCR検査を受け、4月29日にいずれも陰性と判断されていた。その後自宅で健康観察していたが、男性は発熱などの症状が出たため、7日に再度検査した結果陽性となった。陰性判定後に陽性が確認された例は県内初。

 濃厚接触者は子ども2人でほかは調査中。子どもは現在親類宅におり、症状はないという。

 女性看護師は同病院の感染症病床で、クラスター(感染者集団)が発生した十和田市内の高齢者グループホームの感染者の看護に当たっていた。県は同病院で看護師4人が院内感染したと認定。濃厚接触の疑いがある約70人のPCR検査を行い、大半が現在も健康観察中としている。

 県によると、男性は4月12日から在宅勤務していた。29日に陰性となった後も、子ども2人と自宅待機を続けていた。今月1日から37度前後の発熱、6日には38度前後の発熱に加え全身の倦怠(けんたい)感、味覚障害の症状があり、上十三保健所の相談センターに連絡、検査で陽性反応が出た。熱やせきなどの症状はあるが軽症で同病院に入院する予定。肺炎の症状はないという。県によると、PCR検査では、感染していても検査時点でウイルス量が少ない場合は陰性となることがある。その後陽性に転じるケースが全国各地で確認されている。

 同病院によると、感染症病棟の入院患者は7日午後9時現在、十和田市内の高齢者グループホーム入居者5人、感染症病棟の看護師4人の計9人。今回の40代男性を加えると、入院患者は10人になる。同病院の感染症病棟の病床数は13床。