ホタテの枚数や重さを量る調査員=外ケ浜漁協蟹田支所

 陸奥湾内の養殖ホタテガイの成育を調べる春季実態調査が14日、始まった。この日は青森市と外ケ浜町、むつ市の湾内5カ所で調査が行われ、漁協や県の職員らが半成貝(1年貝)の大きさや死んだホタテの割合などを確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)