試験養殖した深浦サーモンを初水揚げする関係者
初水揚げされた深浦サーモン

 青森県が深浦町で実施しているサーモンの海面養殖試験で、試験出荷用の初水揚げが14日、深浦港で行われた。同町ではオカムラ食品工業(青森市)や地元企業の出資で設立した日本サーモンファームが大規模サーモン養殖事業に取り組み、ふ化、中間養殖をこれまでに実施しており、今回の海面養殖試験終了により同町内でのサーモン一貫生産・出荷体制が整う形。試験出荷後は市場評価について情報収集し、地元漁協と企業が連携して本格生産に移る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)