稲わらの灰にワカメを入れる小倉さん
稲わらの灰でもみ込まれたワカメ

 青森県今別町袰月(ほろづき)の水産物加工・販売会社「袰月海宝」で、同社が数年前、約50年ぶりに復活させた地区伝統の「焼干灰わかめ」作りが盛んに行われている。焼干灰わかめは熱した灰で新鮮なワカメをもみ込むことでワカメ本来のうま味を引き出す。加工作業を行っている同社前の岸壁周辺には、香ばしい薫りが潮風に乗って漂っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)