青森県内の23自治体病院(事業会計数18)の2017年度決算見込み(概算)で、病院の経営状況を示す経常損益は22億7100万円の赤字となり、前年度より4億6900万円悪化したことが11日、県のまとめで分かった。全体の7割に当たる15病院が赤字を計上しており、県は人件費の増加などが影響したとみている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)