1年生を前に、SGH活動の成果を英語で説明する3年の女子生徒

 県内で唯一、文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されている青森高校(宍倉慎次校長)は、授業改革を進めている。知識の詰め込みになりがちな従来の教科指導を発展させ、正解のない課題に取り組み、表現する力を磨く「探究学習活動」を展開。アドミッション・オフィス(AO)入試や、推薦入試で思考力などを重視する大学が今後、増えることを見据えた対応だ。同校教諭らは「大学入試の合格実績を見れば効果が出始めている」と手応えを感じている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)