虹の湖を遊覧する水陸両用バス「津軽白神号」

 青森県黒石市と西目屋村は11日、同村が所有する水陸両用バス「津軽白神号」を、浅瀬石川のダム湖・虹の湖(黒石市)で初めて運行した。浅瀬石川ダム完成30周年を記念する事業の一環。報道陣や行政関係者向けの体験試乗会を行い、12、13日の一般運行に備えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)