森内之保留県議(自民)が2014年度の収支報告書を訂正し、政務活動費のうち約71万円を青森県に返還したことが10日、関係者への取材で分かった。県外視察に違法な支出があったとして、弘前市民オンブズパーソンが、同議員に返還請求するよう三村申吾知事に求めた民事訴訟が進んでいた。オンブズ側は10日、訴えの取り下げを2日付で青森地裁に申し立てたことを明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)