弓を射る練習を見学する青木さん(右)=4月5日、十和田市(佐々木さん提供)

 青森大学総合経営学部教授の佐々木豊志さん(61)は昨年から、ゼミの学生と協力しながら、馬産地として栄えた県南地方の馬の歴史や文化を活用した青森県への外国人向け乗馬ツアー誘致を模索している。4月上旬には、世界各地で乗馬専門ツアーを行っている「エクイツアー」(本社米国)の関係者が県南地方の馬の関連施設を初めて視察し、青森県が有力旅行先になるとの認識を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)