セ、パ両リーグは9日、3、4月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セはメッセンジャー投手(阪神)と坂本勇内野手(巨人、光星出)が、パは多和田投手と山川内野手の西武勢が選ばれた。坂本勇はリーグ1位の打率3割6分9厘、38安打を記録し12年目で初選出となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)