平川市役所新庁舎の完成に伴い、ほとんどの部署がなくなる尾上分庁舎
尾上分庁舎2階には現在、市教委と建設部の部署があるが、移転後の利活用は決まっていない

 青森県平川市が2020年度までに平賀地区に整備する市役所新庁舎にほぼ全部署を集約することになり、広い空きスペースが生じる尾上分庁舎の利活用が市民の関心事となっている。市は18年度内に利活用の方向性を示せるよう検討を進めているが、建物の老朽化などの課題もある。尾上地区では、施設整備が目立つ平賀地区との格差感を抱く住民の中に「分庁舎をにぎわいづくりに有効活用して」と求める声が少なくない。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)