青函トンネル建設工事で持ち帰った岩石を削り、津軽海峡を表現した作品を手に笑顔を見せる小倉さん

 30年近くにわたり切り絵を作り続けている青森市西田沢の小倉光雄さん(88)が、体力的衰えを理由に、毎年行ってきた個展に終止符を打つことを決めた。地元の油川市民センターで10日まで開催中の個展が、最後のお披露目の場。小倉さんは「これまで続けられたのは、応援してくれた人たちのおかげ。最後なので、多くの人に見てもらえれば」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)