自然エネルギーの活用を通じた連携・協力協定に調印した桜田市長(左から2人目)と保坂区長(右から2人目)。左は秋元代表取締役、右は三宅取締役=7日午前

 青森県弘前市と東京都世田谷区は7日、自然エネルギー活用を通じた連携・協力協定を締結した。今後、同市の雪国対応型メガソーラーで作られた電力を区民に供給する。自然エネルギーに関する協定は同市初で、電力供給開始は9月を予定している。イベント出展などを通じ両自治体相互の交流活性化も図る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)