完成した「はちのへシードル」(左)と「はちのへミックスシードル」
シードルの醸造所でリンゴをしぼる関係者

 青森県八戸市を中心に県南地方で裁培・収穫されたリンゴを使い、本年度初めて醸造された「八戸シードル」が8日から一般発売される。これに先立つ7日、製造元の澤内醸造(同市柏崎)に併設されている飲食店「Bronze Grill(ブロンズグリル)」で、関係者向けにお披露目会が開かれた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)