青森市で観測された、太陽を囲む円形の虹「日暈」。下に見える虹は「環水平アーク」=7日午前11時45分

 青森県内各地の上空で7日午前、太陽の周りに光の輪ができる「日暈(ひがさ/にちうん)」と、虹が水平に現れる「環水平アーク」の二つの現象が同時に確認され、道行く人が真昼の天空ショーに見入った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)