小野金商店内のギャラリーで、小野さんに抱かれる保護されたネコ
現地スタッフの支援を受けながら調査のための写真撮影に当たる和田さん=2016年8月(提供・アコリス調査団)

 厚生労働省が4月に公表した2015年の全国市区町村別平均寿命は、青森県自治体が男性のワースト10をほぼ独占し、「短命県」を裏付ける結果となった。ただ、男性に限れば延び幅(1.4年)は全国平均(1.2年)を上回り、青森市は2.4年延びた。延び幅上位の市町村は、どんなことに取り組んだのか。各担当者の分析によると、鍵は健康診断への意識にあるようだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)