個人一般A級の決勝で「津軽じょんから節」を演奏する鈴木さん

 第30回津軽三味線全日本金木大会(同実行委員会主催)は最終日の5日、青森県五所川原市の金木公民館で個人・団体の5部門を行った。個人一般A級は大分県別府市の三味線指導者鈴木利枝さん(31)が最高賞の「仁太坊賞」に輝いた。黒石市の佐藤晶さんが3位に入り黒川桃太郎賞を受賞した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)