赤ちゃんの手を粘土に押しつけ、記念の手形をとる参加者

 八戸市博物館は5日、「こどもの日」にちなみ、同博物館で子どもの手形や足形を粘土板に残す制作体験を行った。市内の親子連れら30組が、健やかな成長を願う記念品づくりを楽しんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)