【男子ジュニアB3000メートル決勝】8分55秒77の大会新で優勝した青木(青森山田)=青森市の県総合運動公園陸上競技場

 第44回県春季陸上競技選手権は第2日の5日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で男女計14種目の決勝を行った。男子は、ジュニアB3000メートルで青木洸生(青森山田)が8分55秒77の大会新記録で優勝。100メートルでは沼畑大(木造)が大会記録に0.02秒差に迫る10秒73で頂点に立った。女子は、走り高跳びで赤川舞(弘前)が1メートル64を成功させて2連覇を達成。本大会から種目に加わった2000メートル障害では、牟田葵凛(八学光星)が7分53秒66で優勝した。最終日の6日は男女計16種目の決勝を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)