献花し手を合わせる参加者ら
参加者の作品をモニターに映し出しながら、人物をうまく描くコツをアドバイスする竹宮さん

 青森県三沢市ゆかりの劇作家・歌人寺山修司(1935〜83年)の没後35周年を記念し、同市の寺山修司記念館は4日、記念館近くの顕彰文学碑で「修司忌」を行った。県内外から訪れた寺山ファンが碑に花を手向け、奇才の早過ぎる死を悼んだ。同館では、寺山と親交が深かった漫画家竹宮惠子さん=京都精華大学教授=の特別企画展が開催中で、関連イベントとして、竹宮さんによる漫画教室やトークも実施された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)