桜守の橋場さん(右)の解説を受けながら、弘前公園内の遅咲きの桜を巡る参加者たち

 弘前さくらまつりは14日目の4日、約7万人(まつり本部発表)が会場の弘前公園を訪れた。園内では弘前市公園緑地課の桜守の案内による遅咲きの桜鑑賞ツアーが行われ、参加者は解説を受けながら園内を巡り、桜への知識を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)