卓球の世界選手権団体戦第5日は3日、スウェーデンのハルムスタードで決勝トーナメントが行われ、女子の日本は準々決勝でウクライナに3−0で快勝し、3大会連続の銅メダル以上が決まった。4日の準決勝で南北合同チーム「コリア」と対戦する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)