専用のライトに照らされるこぎん刺しの緞帳

 西目屋村中央公民館に飾られている大きなこぎん刺しの緞帳(どんちょう)がスポットライトを浴びている。縦3.6メートル、横7メートルという大作。奥目屋がこぎん発祥地といわれていることからも国内外の愛好者が見学に訪れるといい、この春からは専用の照明が取り付けられた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)