桜沼公園そばで今年も元気に泳ぐこいのぼり=4月28日、五戸町
桜沼公園の観桜会で談笑する田代さん(中)=2014年5月

 青森県五戸町上市川地区の桜沼公園そばで、大型連休恒例となったこいのぼり約220匹が今年も元気に泳いでいる。昨年12月、活動の中心となる住民有志の「桜沼公園保全会」初代会長を務め、こいのぼりを管理・掲揚してきた田代善藏さん(享年89)が亡くなり、同会も解散。一時は継続が危ぶまれたが、地域の名物を守ろうとする関係者の思いが、こいのぼりの命をつないだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)