第37回津軽三味線世界大会(主催・同大会実行委員会など)が3日、弘前市民会館で2日間の日程で開幕した。初日は年齢や演奏習熟度などで区分けされた6部門に延べ125人・12団体がエントリー。日頃鍛えた技を競った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)