着物やマント姿で花見を楽しんだ「幻の観桜会」の参加者たち

 大型連休後半がスタートした3日、「金木桜まつり」開催中の青森県五所川原市金木町の芦野公園で、着物やマントを着て昭和30年代の花見を楽しむイベント「幻の観桜会(かんごかい)」(津軽鉄道サポーターズクラブ主催)が開かれた。あいにくの雨模様で桜も終盤だったが、県内外から集まった参加者は持ち寄った手料理を食べながら、酒を酌み交わしていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)