昨年に続いて行われた、ドローンを使った人工授粉の実験=2日午前、名久井農業高校第1農場

 青森県南部町の名久井農業高校(西館実校長)は2日、小型無人機「ドローン」を使ったリンゴの人工授粉実験を行った。実験は昨年に続き2回目。結実率を調査し、実用化の可能性を探っていく。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)