小林市長(右)に要望書を手渡す県アイスホッケー連盟の橋本会長
田名部記念アリーナの存続を求め、全国のアイスホッケー、フィギュアスケート関係者から寄せられた署名

 青森県八戸市河原木のアイススケートリンク「田名部記念アリーナ」の存続問題で小林眞市長は2日、財政支援し運営を継続させる意向を表明した。同日、同アリーナを運営してきた県アイスホッケー連盟(橋本昭一会長)の要望を受けた後、取材に対し答えた。市議会もおおむね協力姿勢を示しており、同アリーナは7月下旬にも運営を再開する見通しとなった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)