不審船がいないか監視する「うとう」乗組員=1日夜、蓬田沖
蓬田沖から帰港した県の漁業取締船「うとう」=1日夜、青森漁港

 青森県と陸奥湾周辺の10漁協、青森海上保安部、県警が合同で1日夜、近年価格が高騰しているナマコの漁場などで、本年度の夜間の密漁監視活動を開始した。県の漁業取締船「うとう」と僚船「はやかぜ」の2隻が陸奥湾をパトロールしたほか、漁業関係者らも陸上で巡回、監視システムも活用し、密漁撲滅へ目を光らせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)