満開を迎えた弘前雪明かりの原木=弘前公園三の丸ピクニック広場
【写真左】薄桃色の花を咲かせる東錦【同右】淡い黄色の花を咲かせる鬱金

 100周年の弘前さくらまつりは11日目の1日、7万人(まつり本部発表)の来園者が会場の弘前公園を訪れ、穏やかな日差しの下で遅咲きの桜を楽しんだ。同園三の丸のピクニック広場では同園にしかない新園芸品種「弘前雪明かり」が満開を迎え、丸々と膨らんだ白い花を咲かせている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)