卓球の世界選手権団体戦第1日は29日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、日本は男子が1次リーグC組の初戦でベルギーに3−0で快勝した。丹羽孝希(青森山田出、スヴェンソン)と張本智和(エリートアカデミー)がストレート勝ちし、3番手の松平健太(青森山田出、木下グループ)も3−1で勝った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)