青函トンネルの工事中、坑内に飛び込んできた「ドンコ」の剥製

 「地面の下を泳いだ魚」が、青森県外ケ浜町三厩の青函トンネル記念館に展示されている。瓶詰の剥製にされたドンコ(エゾイソアイナメ)。今年で開業30周年を迎えた同トンネルの工事中、海水とともに流入してきた魚だ。常に水との戦いだった難工事の壮絶さを物語る遺物の一つだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)