整備が進む屋内スケート場の全景
屋内スケート場内部の工事風景。手前のコンクリート部分がリンクになる

 青森県八戸市が2019年秋のオープンを目指し同市長根公園に整備している屋内スケート場の工事が着々と進んでいる。進捗(しんちょく)率は約50%で、スタンド部分の枠組みがほぼ完成。屋根の工事も始まり、「氷都の顔」となる巨大施設が全容を現してきた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)