「相手ピッチャーの一番いい球を打ってやろうと思って打席に入る」
 走攻守三拍子そろった内野手。語り口は淡々としていてクールな印象だが、いざグラウンドに出ると、ダイヤモンドを縦横無尽に駆け回る。北東北大学リーグで盗塁王、首位打者、ベストナインなど数々のタイトルを獲得。今年のドラフト会議で西武から3位指名を受け、子どものころから憧れていたプロの世界へ踏み出した。1年目からの活躍に県民の期待が集まる。

 ─上位指名は予想していた?
 「(各球団が興味のあるアマチュア選手に出す)調査書は巨人とヤクルト以外から来たけれど、特に連絡はなく指名されるかどうかも分からなかった。ドラフト会議で名前が読み上げられた時はびっくりした。今はお世話になった方々にあいさつ回りをしたりして、徐々に実感が湧いてきています」
 小学校4年生で野球を始め、投手、捕手を含めて内野は全てのポジションを守った。大学時代は主に二塁手だが、バッテリーと外野以外は経験済み。打線は中軸を担った。

 ─何を武器にする?
 「何かがずばぬけているというわけではないので、走攻守すべてで好不調の波をつくらないようバランスよく伸ばせれば。チャンスで打って、ピンチには守備でピッチャーを助ける。とにかくルーキーらしい、思い切りの良いプレーを見せたい」
 小学生のころからプロ野球選手になることは遠い夢だと思っていた。大学3年の全日本大学選手権2回戦の福岡大戦で、逆転打を含む2本の二塁打で勝負強さを発揮。スカウトも注目するようになり、現実的な目標としてプロ入りを意識し始めた。1学年上の山川穂高選手が西武入りしたことも刺激になったという。

 ─夢をかなえたとはいえ結果が全ての世界。不安は。
 「自分がどこまで通用するのか不安は確かにある。でもキャンプでアピールして開幕1軍スタートを目指す。最初は出場機会が少ないと思うけど、チャンスをしっかりものにできるよう準備したい。徐々にステップアップしてレギュラーを勝ち取れれば最高です。目標は1年目で打率3割。ものすごい投手たちを打たなければならないけど、自分に高い目標を課して成長したい」
 リンゴ農家の長男。家業を継げない分、プロで成功しなければならないという思いもある。

 

 ─プロ野球選手を目指す子どもたちにアドバイスを。
 「プロになれるかなれないかは別として、野球を始めたころの『楽しくて大好き』という気持ちを忘れないで野球を続けてほしい。自分はプロで活躍して、県内の子どもたちの憧れ、励みになれるよう頑張ります」

 とのさき・しゅうた 1992年、弘前市生まれ。弘前四中1年で硬式野球の弘前シニア、2年から弘前白神シニアでプレー。弘前実業高、富士大に進み、2年次の2012年秋季リーグで打点王、13年秋に盗塁王、今秋は打率4割3分2厘で首位打者を獲得。主将も務めた。身長177センチ75キロ、右投げ右打ち。