再処理工場の最終補正書を提出したことについて説明する日本原燃の増田社長

 日本原燃は28日、六ケ所再処理工場の事業変更許可申請に関する最終補正書を原子力規制委員会に提出した。規制委側から補正を求められた58項目について全て対応を終えたとして、増田尚宏社長は「審査終了までもう一歩のところに来ている」との認識を述べ、来月の委員会で、事実上の合格証となる「審査書案」が審議されることに期待感を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から