自民党県連定期大会でガンバローを三唱する国会議員や県議ら

 自民党県連は28日、青森市のホテル青森で定期大会を開き、来年の統一地方選や知事選、参院選での勝利に向け、組織拡大を図るとともに、党員獲得目標を1万6千人とすることなどを盛り込んだ運動方針案を承認した。江渡聡徳会長の続投を正式に決定。会長に不測の事態があった場合に備えて会長代行を新設し、津島淳衆院議員が就任することも決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)