かつて宣教師館で暮らした女性宣教師とお世話係をした市民の写真について説明する学生と来館者

 弘前学院大学は28日、青森県弘前市稔町のキャンパス内にある国重要文化財「弘前学院外人宣教師館」で特別公開を始めた。かつて同館で暮らした米国の女性宣教師と、身の回りの世話をした女性たちの人間味ある生活習慣に触れた資料が並び、大勢の市民や県外の観光客らが見入った。30日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)