自然栽培に取り組む田で、掘り起こされた土の感触を確かめる佐藤代表(左)。「良い土だ」と笑顔がこぼれる=4月下旬、黒石市高舘

 青森県黒石市の農地所有適格法人・アグリーンハート(佐藤拓郎代表)が今春から休耕地を活用し無農薬、無肥料、無堆肥の「自然栽培」による高品質のコメ生産を始めた。並行して他の農地で人工知能(AI)とあらゆるものをネットワークでつなぐ「モノのインターネット(IoT)などを駆使した「スマート農業」で大規模生産にも挑戦。質、量ともに求めながら、黒石の農産物を世界へ売り込みたい−と夢を描く。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)